心身の不調やトラブル•••スピリチュアルな意味とは?

    2025年7月予言の安全な場所は?津波の範囲がどこまでかスピリチュアル的に予想

    記事内に商品プロモーションを含む場合があります。
    2025年7月の予言の安全な場所はどこ?津波の範囲をスピリチュアル的に予言
    • URLをコピーしました!
    スポンサーリンク

    「2025年7月に津波が起きる」

    こんな予言がスピリチュアル・オカルト界で最近話題となっています。

    その原因は「地震」や「隕石」などと予想され、「日本にも甚大な被害が出る」などと言われています。

    一体、どのような津波が起きるというのでしょうか?

    今回は、2025年7月の予言について、その内容や安全な場所、津波の範囲がどこまでなのかをまとめていきます。

    スポンサーリンク
    目次

    スピリチュアル界で話題の2025年7月の予言とは?

    最近、スピリチュアル界では、「2025年7月」に何かが起きるとの予言が話題となっています。

    特に有名なのは、漫画家のたつき諒さんの予知夢です。

    たつき諒さんは、自分が見た夢を元に漫画を描いておられる漫画家で、2011年3月の東日本大震災などを的中したことで話題でした。

    そんなたつき諒さんが、

    本当の大災難は2025年7月

    という予知夢を見たそうです。

    一体、どんな大災難なのかというと・・・

    • フィリピンの海底がボコンと破裂
    • 東日本大震災の3倍の津波が発生
    • 日本の太平洋側に大津波が押し寄せる

    というかなりスケールが大きな内容です。

    これが、「地震」なのか「隕石」なのか、はたまた「海底火山の噴火」なのか・・・。

    なぜこのような夢を見たのか、たつき諒さん自身もはっきりとはわからないそうです。

    しかし「防災意識を持ってほしい」「被害を最小限にできれば・・・」という願いから、漫画「私が見た未来・完全版」にこの内容を入れて、この世に出したとのことでした。

    たつき諒「私が見た未来完全版」

    なお、2025年7月については、他にも様々なスピリチュアル配信者が予言しています。

    スポンサーリンク

    2025年7月予言の安全な場所は?津波の範囲どこまで?スピリチュアル的に予想!

    このように、「大津波が来る」という2025年7月の予言を知ると、怖くなってしまいますよね。

    一体、安全な場所はどこなのでしょうか?

    漫画の日本地図は不明瞭?

    2025年7月の予言をした「たつき諒」さんの漫画で、具体的な津波の範囲が示されているのかを確認してみました。

    すると、このように、日本地図が描かれています。

    たつき諒先生がみた津波の範囲

    たつき諒さんが予想する範囲を見てみると、太平洋側の日本列島の約半分ほどが津波の範囲として示されているようです。

    このように、ざっくりとしか描かれていないため、この情報だけでは、詳しい範囲を推測することは難しいと言えるでしょう。

    過去の事例から津波範囲を予測

    ただ、2023年12月に「フィリピン沖」で地震が発生したことをご存知でしょうか?

    2023年12月2日に発生した地震
    2023年12月2日に発生した地震

    この時に、太平洋側の地域に「津波注意報」「津波予報」が出ています。

    フィリピン地震の津波範囲
    黄色:津波注意報/青色:津波予報

    被害のおそれがある「津波注意報」が出た範囲は、

    千葉県内房、伊豆諸島、小笠原諸島、静岡県、愛知県外海、三重県南部、和歌山県、徳島県、高知県、宮崎県、鹿児島県東部、宮古島・八重山地方

    となっています。

    一方で、「津波予報(海面変動のみ)」が出た範囲は、

    北海道太平洋沿岸東部、北海道太平洋沿岸中部、北海道太平洋沿岸西部、青森県日本海沿岸、青森県太平洋沿岸、岩手県、宮城県、福島県、茨城県、千葉県九十九里・外房、相模湾・三浦半島、伊勢・三河湾、大阪府、兵庫県瀬戸内海沿岸、淡路島南部、愛媛県宇和海沿岸、愛媛県瀬戸内海沿岸、山口県瀬戸内海沿岸、長崎県西方、熊本県天草灘沿岸、大分県瀬戸内海沿岸、大分県豊後水道沿岸、種子島・屋久島地方、奄美群島・トカラ列島、鹿児島県西部、沖縄本島地方、大東島地方

    でした。

    そのため、フィリピン沖で何かが発生した場合、この範囲では、少なくとも津波の影響が出る可能性は高いと言えそうです。

    たつき諒先生は、「東日本大震災の3倍くらいの津波(=約50m)」と夢で見ていますから、さらに内陸部にも到達する可能性はあるかもしれません。

    具体的に、津波がどこまで来るかという情報はありませんが、海に面している都道府県の全域は注意された方が良いでしょう。

    津波到着まで時間差がある

    先ほどご紹介した、2023年12月2日夜に発生したフィリピン付近の地震。

    震源地から日本まで津波が到達するまで、数時間の猶予がありました。

    フィリピンでの地震発生は、2023年12月2日23時37分頃でした。

    そして、日本への津波第一波到達予想時刻は、一番早いところでも、

    宮古島・八重山地方:12月3日1時30分(約1時間50分後)

    となっていました。

    上記の通り、津波が到達するまで、1時間50分もあるのです。

    本州に関して言えば、

    宮崎県:12月3日2時30分(約2時間50分後)

    となっています。

    そのため、フィリピン沖で何かが発生した場合でも、その情報が入り次第、身の安全を確保する時間が1〜3時間はある可能性があるのです。

    もちろん、規模の大きさや原因の種類などにより一概には言えませんし、気を抜いて良いという訳でもありません。

    警報や注意報が出たら、すぐに動けるように、避難経路などを確認しておきましょう。

    スポンサーリンク

    最後に

    このような災害の予言を信じるかは、あなた次第ではあります。

    しかし、日本が島国である以上は、津波が発生した際の避難場所を、きちんと確認しておくことが大切です。

    ただ、スピリチュアル的に言えば、皆がこの2025年7月の予言を不安に思うと「集合意識」として現実化してしまう可能性があります。

    そのため、「避難場所」「避難経路」、「家族との連絡方法」などを確認した後は、それ以上、もう心配しないことです。

    そして、その日、その日を、できるだけ精一杯生きること。

    私たちにできることは、それだけなのです。

    このような予言によって、私たちは「試されている」と考えれば、恐れることは何もありません。

    不安な方は、こちらの記事も併せてご覧ください。

    著者情報-Profile-

    葉月カオリ(Kaori Hazuki)

    20代の頃、インドネシア・バリ島に呼ばれたことがきっかけでスピリチュアルの世界へ。10年以上の独学を経て、スピリチュアルコラムニストとして「スピリチュアル手帖」を開設。日常のあらゆる出来事を読み解き、直感からのメッセージをお伝えします。

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    この記事がよかったらシェアお願いします
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次