心身の不調やトラブル•••スピリチュアルな意味とは?

    2025年7月5日の予言は嘘やデマ?スピリチュアルを見極めるために大切なこと

    記事内に商品プロモーションを含む場合があります。
    2025年7月の予言は嘘?スピリチュアルを見極めるポイント
    • URLをコピーしました!
    スポンサーリンク

    「2025年7月5日に大災害が起きる」

    最近、このような予言が、話題となっています。

    スピリチュアル業界でも、この「2025年7月」をテーマにする配信者が急増しており、不安になっている人もいるのではないでしょうか?

    こんなものは「嘘やデマであってほしい」と願う方が大半だと思います。

    今回は、2025年の予言について、真偽を見極めるために大切なことをお伝えしていきます。

    スポンサーリンク
    目次

    スピリチュアル界「2025年7月5日の予言」内容とは?

    「2025年7月の予言」については、数々のスピリチュアル系配信者・作家などが取り上げています。

    その内容は、「平和な時代になる」などの楽観的なものは少なく、悲劇的なものがほとんどです。

    その中でも特に話題となっている「2025年7月」の予言の内容がこちらです。

    • 2025年7月5日に大津波が起きる
    • 規模は東日本大震災の3倍
    • 太平洋沿岸地域が被災する

    この予言の発端となったのは、「私が見た未来・完全版」という漫画です。

    この本を書いたのは、「予知夢」を見ることで有名な漫画家のたつき諒先生です。

    過去には、2011年3月の東日本大震災を予知夢で見たともされている人です。

    たつき先生は、これが100%起きると言いたいわけではなく、「みんなの防災意識を高めてほしい」という願いがあって、発表したそうです。

    2025年7月の予言について、詳しくは、こちらの記事でもご紹介しています。

    また、2025年以降の「戦争の予言」については、こちらの記事でまとめています。

    スポンサーリンク

    2025年7月5日の予言は嘘やデマ?スピリチュアルを見極める時に大切なこと

    2025年7月について、「災害が起きる」や「人口が削減される」などの予言が飛び交っています。

    しかし、この予言についての「反論する意見」も当然出ています。

    1つの事柄に対して、さまざまな角度から見るということは大切なことです。

    次に、この予言に対して、どんな意見や考え方があるのかをご紹介していきます。

    ①13年周期の法則

    予言

    このような予言を聞いて「ノストラダムスの大予言」などを思い浮かべた人も多いのではないでしょうか。

    オカルト界では、”ある法則”があると言われています。

    こちらは、過去に騒がれた予言です。

    • 1986年 ハレー彗星大接近「地球滅亡説」
    • 1999年 ノストラダムスの大予言「地球人類滅亡説」
    • 2012年 マヤ予言「地球人類滅亡説」
    • 2025年 ???

    これらは不思議なことに、「13年周期(ユダヤ聖数)」で世間を騒がせています。

    しかし、どれも実際には起きていません。

    そして、徐々に私たちの記憶から忘れられ・・・また同じことを繰り返しているのです。

    「安全欲求」は、人間の欲求の中でも根本にあるもの。

    そのため、このような「恐怖の予言」と言うのは、集団妄想化しやすく、簡単に言えば”お金になる”のです。

    例えば、「ノストラダムスの大予言」という本の著者は、250万部を超えるベストセラーを記録しました。

    他にも、「恐怖を与える→依存させる→安心を売る」というビジネスモデルがあることも確かです。

    もちろん、何を信じるかは「個人の自由」に任されています。

    しかし、このような側面もあるということを知っておく必要があるでしょう。

    ②確率の問題

    確率

    また、予言(未来予測)というのは、誰にでもできることです。

    統計学的に見ても、「予想する数が多ければ多いほど、当たる確率が上がる」ということは間違いありません。

    予知夢を見た漫画家のたつき諒先生は、1985年から「夢日記」というものをつけておられます。

    たつき諒さんの夢の記録ノート

    つまり、1985年〜2011年(東日本大震災の年)だけでも、26年間も夢の記録をつけているということになります。

    これだけの「母数」があれば、数個くらいは当たることはあると言えるのではないでしょうか。

    スポンサーリンク

    ③思考や夢は正確ではない

    テレパシー

    さらに、「予知夢」や「お告げ」などをそのまま信用するのは、「危険」だと言われています。

    私たちと繋がろうとする霊的存在は、神様でも、ハイヤーセルフでもありません。

    そして、必ずしも「善なる存在」とは限らないのです。

    善き存在からのコンタクトであれば、いずれも「ポジティブな内容」であると言われています。

    そのため、恐怖や不安を煽るものについては、悪しき霊存在からの「偽のお告げ」である可能性が高いのです。

    なぜそのようなことをするかと言えば、足場となる「広報役」を作り、地球人の集合意識を誘導して、現次元世界を支配するためだと言われています。

    実際に、このようなテクノロジーはすでに現存しており、他星からもたらされているようです。

    にわかには信じがたいことではありますが、「私たちの思考や夢は、何かの影響を受けている可能性がある」と言う前提を知っておいた方が安全です。

    それらをすぐに信用したり、人に言う前に、「見極める」ことがとても重要なのです。

    特に、霊能力があればあるほど、悪しき存在からの影響も受けやすくなるようです。

    そのため、自らの指導霊・守護霊に真偽を確かめることが必要となります。

    しかし、実際にはそれができていない人がほとんどだと言われています。

    ④地震の予知は不可能

    地震

    そもそも、「地震」というのは専門学者であっても予測することはできていないのが現状です。

    日本地震学会も、2019年に「地震予知はできない」と名言しています。

    そのため、地震とは、「周期的に必ず来るものではない」ということを知っておく必要があるでしょう。

    もしも地震の発生を正確に言い当てられるとしたら、何か意図的な計画がある可能性が疑われます。

    (実際に、人為的に地震を起こすテクノロジーはすでに存在しているようです。)

    自然に起こる現象だけを見れば、日本は地震大国であり、小さな地震は頻繁に起きていることは間違いありません。

    地震に対する危機管理意識は持っておき、いざという時のために備えをしておくことは大切です。

    ⑤未来は選ぶことができる

    また、未来とは「人々の意識」の表れであり「決まっているものではない」と言われています。

    2025年の予言を聞いて「恐れ」を持つと言うことは、それを強くイメージすることに繋がります。

    「〜〜を起こさないために、幸せな未来を意識を変えていきましょう」と言われても、「〜〜」にフォーカスしてしまいませんか。

    皆の集団意識がそこに集中すれば、そのような現実を引き寄せてしまうということです。

    それこそ、私たちを支配しようとする悪しき存在の思うままではないでしょうか。

    そもそも、人々を恐怖にさせる発言をすること自体が「無責任」だという意見もあります。

    そのような恐れを生む発言を「なぜ、わざわざするのか?」ということを私たちはよく考える必要があるでしょう。

    それは本当に全てが”善意”でしょうか・・・。

    「皆の未来は、皆でイメージして、計画していくことができる」

    これが、未来を作る仕組みの真実です。

    葉月カオリ

    あなたは、どんな未来を選びますか?

    スポンサーリンク

    まとめ

    今回は、2025年7月の予言について取り上げました。

    「嘘」や「デマ」だとまでは言いませんが、1つの情報だけに絞らず、色々な見方をすることはとても大切だということをお伝えしたいと思い、このテーマに踏み込みました。

    これらを信じるか、信じないかはあなたの自由に任されてます。

    それでも、この記事を読んで少しでも不安が解消される方がいれば、いちスピリチュアル発信者として幸いに思います。

    著者情報-Profile-

    葉月カオリ(Kaori Hazuki)

    20代の頃、インドネシア・バリ島に呼ばれたことがきっかけでスピリチュアルの世界へ。10年以上の独学を経て、スピリチュアルコラムニストとして「スピリチュアル手帖」を開設。日常のあらゆる出来事を読み解き、直感からのメッセージをお伝えします。

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    この記事がよかったらシェアお願いします
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメント一覧 (2件)

    • この記事にすごく納得しました。
      たつき諒先生の予言的中率が90%ということなので不安に思っていたのですが、少し落ち着くことができました。
      が、災害はいつでも起きるということを頭に入れて普段から防災対策をしていきたいとおもいました。

      • コメントありがとうございます。
        記事の内容が少しでもお役に立てたのなら、とても嬉しいです。
        悲観することなく、1日1日を大切にしていきましょうね。

    コメントする

    CAPTCHA


    目次