心身の不調やトラブル•••スピリチュアルな意味とは?

2025年7月予言で沖縄・福岡・北海道の被害は大丈夫?津波の範囲を予想!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります。
2025年7月の予言の沖縄・福岡・北海道の津波の被害はどうなる?
スポンサーリンク

「2025年7月5日に大津波が来る」

このような恐怖の予言がスピリチュアル・オカルト界で話題となっていますね。

地震や隕石などが原因で津波が起き、「日本にも甚大な被害が出る」などと言われています。

予言されている大津波の範囲は、一体どこなのでしょうか?

今回は、沖縄・福岡・北海道の地域について詳しくみていきましょう。

目次
スポンサーリンク

2025年7月の予言は予知夢!

最近世間を騒がせている、2025年7月の予言をしたのは、漫画家のたつき諒さんです。

たつき諒さんは、自分が見た夢(=予知夢)を元に漫画を描いている漫画家

過去には、2011年3月の東日本大震災などを的中したことで話題になった方です。

そんなたつき諒さんが、今度は、

本当の大災難は2025年7月

という予知夢を見たそうです。

一体、どんな大災難なのかというと・・・

  • フィリピンの海底がボコンと破裂
  • 東日本大震災の3倍の津波が発生
  • 日本の太平洋側に大津波が押し寄せる

というかなりショッキングな内容です。

フィリピンの海底が破裂した原因については不明。

巷では、「地震」「隕石」「海底火山の噴火」などと噂されています。

2025年7月の隕石落下については、こちらの記事で詳しくご紹介しています。

たつき諒さんは、この予知夢を知ってもらうことで、みんなの防災意識を高めることにつながると思い、出版に踏み切ったとのこと。

この2025年7月の予知夢の詳しい内容は、漫画「私が見た未来・完全版」に収録されています。

たつき諒「私が見た未来完全版」

なお、2025年7月については、たつき諒さん意外にも、様々なスピリチュアル配信者が予言しています。

その他の2025年7月関連の予言予知の内容は、以下の記事でまとめています。

スポンサーリンク

2025年7月の予言の津波範囲!沖縄・福岡・北海道の被害は?

たつき諒さんの2025年7月の予言は、漫画本の中で「地図」「イラスト」付きで解説されています。

「太平洋側が危ない」とのことですが、気になるは、沖縄・福岡・北海道のエリアの被害です。

詳しく地図をみていきましょう。

福岡と北海道は安全?

たつき諒さんの漫画では、2025年7月の津波の範囲が以下のように示されています。

たつき諒先生がみた津波の範囲

これを見ると、太平洋側の日本列島の約半分ほどが津波の範囲として示されているようです。

これだけ見れば、「福岡県」「北海道」は被害のエリア外にあるように見えます。

一方で、沖縄には、津波の影響を示す波線がかかっている状況。

これは、「福岡と北海道は安全」で、「沖縄は危ない」ということなのでしょうか?

過去の事例では北海道も注意

そこで、過去の事例を参考にしてみました。

実は、2023年12月に、フィリピン沖で地震が発生しています。

2023年12月2日に発生した地震
2023年12月2日に発生した地震

この時、太平洋側の地域に「津波注意報」と「津波予報」が出ていたのをご存知でしょうか?

以下の日本地図が、津波の影響があると予測された範囲になります。

フィリピン地震の津波範囲
黄色:津波注意報/青色:津波予報

被害のおそれがある「津波注意報」が出た範囲は、

千葉県内房
伊豆諸島
小笠原諸島
静岡県
愛知県外海
三重県南部
和歌山県
徳島県
高知県
宮崎県
鹿児島県東部
宮古島
八重山地方

となっています。

一方で、「津波予報(海面変動のみ)」が出た範囲は、

北海道太平洋沿岸東部
北海道太平洋沿岸中部
北海道太平洋沿岸西部
青森県日本海沿岸
青森県太平洋沿岸
岩手県
宮城県
福島県
茨城県
千葉県九十九里・外房
相模湾・三浦半島
伊勢・三河湾、大阪府
兵庫県瀬戸内海沿岸
淡路島南部
愛媛県宇和海沿岸
愛媛県瀬戸内海沿岸
山口県瀬戸内海沿岸
長崎県西方
熊本県天草灘沿岸
大分県瀬戸内海沿岸
大分県豊後水道沿岸
種子島・屋久島地方
奄美群島・トカラ列島
鹿児島県西部
沖縄本島地方
大東島地方

でした。

このように、「海面変動のみ」のエリアではありますが、北海道にも少なからず影響が出ることが示されていました。

そのため、2025年7月の予言ように、フィリピン沖で何かが発生した場合、上記に示した地域には、津波の影響が出る可能性は高いと言えるでしょう。

海に面しているなら注意は必要

この予測でいけば、日本海側に面している福岡県は安全のように見えます。

一方で、たつき諒先生は、「東日本大震災の3倍くらいの津波(=約50m)」と夢で見ています。

どんな規模の津波なのか想像もつきません。

そのため、2023年12月の地震の時の予測よりも、さらに内陸部に到達する可能性があるかもしれません。

つまり、津波の影響を考えるなら、海に面している都道府県の全域は注意された方が良いでしょう。

また、福岡県が津波の影響を免れたとしても、他県の人々が逃げてくる影響で、交通障害が起きたり、物資の不足などが予想できるかもしれません。

スポンサーリンク

日頃から必要な備えをしておこう

ここまで、2025年7月の予言の被害予想エリアについて解説してきました。

ただ、私個人としては、「2025年7月の予言はデマである」と信じています。

詳しくは、こちらの記事で解説しています。

都市伝説や陰謀論的な見方をすれば、「日本がある勢力の標的になっている」ことは考えられます。

ただ、何かが計画されていたり、実際に起こるとしても、私たちの力でそれを止めるのは難しいでしょう。

私たちにできるのは、防災グッズを備えたり、避難経路を確認したり、倒れてくるような家具に対策をすることくらいです。

必要な備えをし終わったら、それ以上、未来のことを悲観しても仕方がありません。

そして、「情報を選ぶことは、望むことと同じ」

あなたは、自分や家族が笑顔で過ごしている未来を望みますか?

答えが「Yes」なら、この予言について検索するのは、この記事を最後にしませんか。

葉月カオリ

「今を幸せに生きる」ことにフォーカスすることが、より良い未来を創っていくのです。1人1人の意識が大切ですよ。


こちらの記事では、太陽フレアの人体への影響について解説しています。

この記事もおすすめ

仕事をやめなさいのサイン6つとは?

引越しのタイミングのサインとは?

恋愛に疲れた時のスピリチュアルな意味とは?

著者情報-Profile-

葉月カオリ(Kaori Hazuki)

20代の頃、インドネシア・バリ島に呼ばれたことがきっかけでスピリチュアルの世界へ。10年以上の独学を経て、スピリチュアルコラムニストとして「スピリチュアル手帖」を開設。日常のあらゆる出来事を読み解き、直感からのメッセージをお伝えします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次