心身の不調やトラブル•••スピリチュアルな意味とは?

    肋骨が痛いのはスピリチュアルな意味がある!あなたへのメッセージとは?

    記事内に商品プロモーションを含む場合があります。
    肋骨が痛いスピリチュアルな意味
    • URLをコピーしました!
    スポンサーリンク

    「最近、肋骨が痛い・・・」

    「肋骨が痛いって、何か意味があるの?」

    このように肋骨が痛くなると、なぜだろうと気になりますよね。

    実は、肋骨が痛む時には、スピリチュアル的な意味やあなたへのメッセージが隠されているのです。

    葉月カオリ

    今回は、「肋骨が痛い」のスピリチュアルな意味やメッセージを解説していきます。

    スポンサーリンク
    目次

    「肋骨」のスピリチュアル的な象徴とは?

    肋骨のスピリチュアルな意味

    まず、「肋骨」をスピリチュアル的に見ると、何を表す部分なのでしょうか?

    「肋骨(ろっこつ)」は、私たちの内臓や肺を守る大切な器官です。

    そのため、「肋骨」は、「自分を守ること」「心の安定を保つこと」というスピリチュアル的な象徴があります。

    また、「肋骨」は、息を吸ったり、吐いたりするときに動くことから、「人生のペース」や「心の動き」を表すこともあります。

    それでは、そんな「肋骨」が痛い時には、一体どのようなスピリチュアルな意味があるのでしょうか?

    「肋骨が痛い」のスピリチュアルな意味とは?

    「肋骨が痛い」のスピリチュアル的な「良い意味」と「悪い意味」を見ていきましょう。

    「肋骨が痛い」の良い意味

    「肋骨が痛い」と感じるとき、それは「自分を大切にして、心の安定を取り戻しましょう」というスピリチュアルな意味が考えられます。

    あなたが今何かストレスや不安に思っていることがあるのなら、「そこから逃げてもいいんですよ」という励ましのメッセージかもしれません。

    肋骨の痛みは、ストレスや心の重さを軽くして、心と体のバランスをとるように教えてくれているのです。

    すぐに不安を和らげるなら、深い呼吸を何度かすることで、心が落ち着き、リラックスできます。

    「肋骨が痛い」の悪い意味

    一方で、「肋骨が痛い」場合には、「自分を守りすぎています。他人にもっと心を開いてください。」という注意のメッセージも考えらえます。

    「肋骨」は「自分を守る」という象徴です。

    あなたが人間関係において、

    • 親密な関係になるのを避けている
    • 自分の感情を押さえ込んでいる

    などの傷つかないための行動をとっているとしたら・・・

    それが、結果として「孤独感」や「苦しみ」を生んでいるかもしれません。

    そのため、「肋骨の痛み」は、「対人関係の痛み」の可能性が考えられるのです。

    ただ、なかなか他人に心を開くことができない人も多いはずです。

    そんな時には、自分が抑えこんでいる感情に気づくだけでも、心を少し軽くすることができますよ。

    スポンサーリンク

    「肋骨が痛い」のスピリチュアルメッセージ

    最後に、このページに導かれたあなたへのスピリチュアルメッセージをお届けします。

    肋骨の痛みは、「心の安定」にも関係しています。

    自分の軸を持てているでしょうか。

    これは、恋愛や友人関係でとても大切なことです。

    他人に合わせてばかりいませんか?

    あなたは優しい人なのでしょう。


    でも、最優先にするのは、自分への優しさです。

    自分の本当の願いがわかるのは、あなただけ。

    自分を守れるのも、あなただけ。

    一番身近にいる自分を大切にすることが、幸せな人間関係の土台です。

    本当に自分が欲しいもの、やりたいこと、してほしいこと・・・。

    1つ1つを、ちゃんと言葉にしていきましょうね。

    葉月カオリ

    あなたが自分らしく生きていけますように。

    ↓今だけ限定公開中↓

    著者情報-Profile-

    葉月カオリ(Kaori Hazuki)

    20代の頃、インドネシア・バリ島に呼ばれたことがきっかけでスピリチュアルの世界へ。10年以上の独学を経て、スピリチュアルコラムニストとして「スピリチュアル手帖」を開設。日常のあらゆる出来事を読み解き、直感からのメッセージをお伝えします。

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    この記事がよかったらシェアお願いします
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次