心身の不調やトラブル•••スピリチュアルな意味とは?

立春に眠いのはスピリチュアルなサイン?意味やメッセージまとめ

記事内に商品プロモーションを含む場合があります。
立春に眠くなるスピリチュアルな意味
スポンサーリンク

「なんだか眠いと思ったら、立春だった」

「立春に眠くなるって、何かのサイン?」

このように「立春」にやたら眠いとき、何か特別な意味があるのではないか?と気になりますよね。

実は、立春に眠い時には、スピリチュアル的な意味やあなたへのメッセージが隠されているのです。

ヒーラーKaori

今回は、立春に眠いと感じる時のスピリチュアルな意味やメッセージを詳しく解説していきます。

スポンサーリンク
目次

立春に眠い時のスピリチュアルな意味やサイン3つ!

旧暦では、1年の始まりとされる「立春」。

このタイミングで「眠い」「寝ても寝てもスッキリしない」と感じる人が多いようです。

立春に眠い時には、一体どんなスピリチュアルな意味・サインがあるのでしょうか?

具体的に3つの意味を見ていきましょう。

①自然のサイクルの影響

「立春に眠い」と感じるのは、「あなたは、自然界のサイクルの影響を受けています。」というスピリチュアルな意味が考えられます。

立春というタイミングは、冬から春に切り替わる時期です。

自然界では、大変化が起きており、冬の間に眠っていたエネルギーが解放され、復活・再生のサイクルへと入っていきます。

私たち人間も、寒い冬の間に、心身に負のエネルギーや毒素が溜まってしまっています。

そのため、春というパワフルなエネルギーの影響を受け、あなたの心身にも浄化が起きている可能性があります。

あなたは、環境の変化やエネルギーの流れに敏感な人なのではないでしょうか。

この時期は、しっかりと水分補給をしたり、旬の食材を食べるなどして、体を慣らしていきましょう。

②新たな自分へと生まれ変わる

また、「立春に眠い」時には、「あなたは、新たな自分へと生まれ変わろうとしています。」というスピリチュアルな意味も考えられます。

立春という季節の節目のタイミングで眠いということは、あなた自身にも大きな転機や大変化が近づいているということです。

変化には、大きなエネルギーが必要です。

まだ自覚がないかもしれませんが、体はその変化に備えるためにエネルギーを蓄えているのかもしれません。

体を横にさせてゆっくり休めさせるために、眠気が起きている可能性があります。

眠くなったら、無理は禁物です。

しっかりと休息をとり、大変化のチャンスに備えましょう。

③心身のバランスを整える

さらに、「立春に眠い」時には、「自分の内面を見つめ直し、心身のバランスを整える時です。」というスピリチュアルな意味も考えられます。

あなたは最近、とても疲れていたのではないですか?

新年が始まり、何かとバタバタとしていた日々を過ごしていたかもしれません。

このタイミングで眠くなるということは、「一度、立ち止まりましょう」という注意喚起のサインと考えられます。

春に向けてより活動的になるために、「心と体の休息期間が必要」だと体が教えてくれているのかもしれません。

眠くなったら、素直に横になりましょう。

リラックスしてゆっくりと過ごしていると、これからやりたいことのヒントや新しいアイディアなども生まれやすくなります。

あなたがこれから元気に新しいスタートを切るために、ブレイクタイムが必要なのです。

スポンサーリンク

立春に眠いと感じる人へのスピリチュアルメッセージ

最後に、そんなあなたへのスピリチュアルメッセージが届いています。

それは、

自分を優先する勇気を持ちましょう

です。

今日という1日だけでも、自分を最優先にしましょう。

自分の心地よさを大事にしましょう。

役割や責任を果たすことから少しでも離れ、「何もしない」ことを自分に許可してください。

あなたが家族や子供にするように、自分にも丁寧に、優しく接してほしいのです。

あなたの心は、何がしたいと言っていますか?

あなたの心は、どうしてほしいと言っていますか?

あなたの心の声を一番近くで聞き、それに対応してくれるのは、いつだって「あなた自身」です。

ヒーラーKaori

自分が一番の味方です。

↓今だけ限定公開中↓

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次