心身の不調やトラブル•••スピリチュアルな意味とは?

子供の癇癪のスピリチュアルな意味3つ!あなたへのメッセージとは?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります。
子供の癇癪のスピリチュアルな意味
スポンサーリンク

「子供の癇癪がつらい・・・」

「子供が癇癪を起こすのは、何かのサイン?」

このように子供の癇癪が繰り返されると、親も精神的に辛いですし、なぜだろうと気になりますよね。

実は、子供の癇癪には、スピリチュアル的な意味やあなたへのメッセージが隠されているのです。

葉月カオリ

今回は、「子供の癇癪」のスピリチュアルな意味やメッセージを詳しく解説していきます。

目次
スポンサーリンク

「子供の癇癪」のスピリチュアルな意味とは?

泣き喚いたり、叫んだり、暴れたり・・・。

子供の癇癪は成長の過程とは言われますが、それが何度も繰り返されると親自身も疲れてしまいます。

そこで、スピリチュアルな観点で「子供の癇癪」を理解すると、少し違った対応ができるかもしれません。

では、具体的に3つの意味をみていきましょう。

①エネルギーの詰まり

子供が癇癪を起こす時には、

エネルギーがスムーズに流れていないサイン

というスピリチュアルな意味が考えられます。

子供は、純粋なエネルギーの塊です。

スピリチュアルな観点で、癇癪を起こす時には、そのエネルギーが何かの原因で滞ってしまい、スムーズに流れていないという可能性が考えられます。

子供がエネルギーの詰まりを感じている場合、周りの大人は、「子供が感情を自由に表現できる、安全な場所や機会」を提供してみましょう。

例えば、ともに自然の中で過ごす時間を持ったり、創造的な活動(絵を描く、粘土をこねるなど)に取り組むことで、子供の内に秘めたエネルギーを解放する手助けすることができます。

②感受性の高さ

また、子供が癇癪を起こす時には、

周りの環境やエネルギーに敏感に反応しているサイン

というスピリチュアルな意味もあります。

子供は、周囲のエネルギーにとても敏感です。

また、子供は5歳ごろまで波動が高く、高次元存在にも感応しやすいことで知られています。

そのため、子供が癇癪を起こす時には、周囲のネガティブなエネルギーに反応したり、霊存在などが関わってきている可能性が考えられます。

このような場合には、家庭内の環境を見直す必要があるだけでなく、周りの大人が定期的に浄化を手助けしてあげることが大切です。

例えば、穏やかな音楽を流したり、家族で一緒にリラックスできる活動(例えば、ゆっくり散歩する、お風呂に入るなど)をすることで、雰囲気を和らげ、子供が感じているストレスを軽減できます。

特に、毎日お風呂に入る習慣は、負のエネルギーを浄化することにも効果を発揮するのでおすすめです。

③隠された強い欲求

さらに、子供が癇癪を起こす時には、

何か伝えたい強い欲求がある

というスピリチュアルな意味も考えられます。

言葉で自分の気持ちを上手に表現できない小さな子供は、癇癪を起こして、自分の不満や欲求を伝えようとします。

これは、「あれがしたい」「これが食べたい」というレベルのこともありますが、何か根深い欲求が隠されている可能性があります。

それは日々の生活の中で、少しずつ積み重なったものかもしれません。

子供の気持ちを読み解いていくためには、周りの大人が優しくサポートしてあげましょう。

具体的には、子供が落ち着いてから、その感情や欲求について、1つ1つ掘り下げてみるのです。

見た目は子供とはいえ、そこに宿る魂はあなたよりも年上かもしれません。

対等な目線を持ち、気持ちを理解できるように努めることが大切です。

スポンサーリンク

「子供の癇癪」のスピリチュアルメッセージ

最後に、そんなあなたにスピリチュアルメッセージが届いています。

罪悪感を捨てましょう

あなたは最近、心に余裕がなく、疲れているのでありませんか?

何を優先したら良いかわからず、何もかもが中途半端な気がする・・・そんな気持ちが伝わってきます。

宇宙はそんなあなたに、「罪悪感を捨てましょう」というメッセージを伝えてきています。

しなければいけないことも大切ですが、一番大切なのは、自分がしたいことをする時間を持つこと。

これは決して、怠けているとか逃げているということではありません。

全てはバランスです。

あくまでも「戦略的」に休むこと、楽しむことです。

あなたには、罪悪感を捨てて、リラックスする時間が必要なのです。

葉月カオリ

これが宇宙からの愛のメッセージです

↓今だけ限定公開中↓

この記事もおすすめ

仕事をやめなさいのサイン6つとは?

引越しのタイミングのサインとは?

恋愛に疲れた時のスピリチュアルな意味とは?

著者情報-Profile-

葉月カオリ(Kaori Hazuki)

20代の頃、インドネシア・バリ島に呼ばれたことがきっかけでスピリチュアルの世界へ。10年以上の独学を経て、スピリチュアルコラムニストとして「スピリチュアル手帖」を開設。日常のあらゆる出来事を読み解き、直感からのメッセージをお伝えします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次