心身の不調やトラブル•••スピリチュアルな意味とは?

乾燥肌のスピリチュアルな意味!あなたへのメッセージとは?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります。
乾燥肌のスピリチュアルな意味
スポンサーリンク

「最近、乾燥肌がひどい・・・」

「乾燥肌って体質なのかな?」

乾燥肌は痒みを伴うこともあり、長年悩まれている人も多いのではないでしょうか。

実は、「乾燥肌」には、スピリチュアル的な意味やあなたへのメッセージが隠されているのです。

葉月カオリ

「乾燥肌」のスピリチュアルな意味やメッセージ、おすすめのセルフケアをご紹介していきます。

目次
スポンサーリンク

乾燥肌のスピリチュアルな意味やメッセージとは?

「乾燥肌」は、肌の水分量が不足している状態を指します。

そんな「乾燥肌」には、スピリチュアル的には様々な意味やメッセージがあるのです。

具体的に3つの意味をみていきましょう。

①感受性の高さ

肌は、私たちが外界と触れ合う器官であり、「感受性」を表す部分でもあります。

そのため、「乾燥肌=肌が乾燥しやすい」ということは、

あなたの感受性が高い

ということを表しています。

特に、繊細で敏感なHSP気質の人は、乾燥肌になりやすいと言えるでしょう。

感受性の高さは、物事をより深く楽しめるという利点もありますが、自分の感情や感覚に敏感になって疲れたり、他人の影響を受けやすいという難点もあります。

感受性をコントロールするためには、刺激から離れる時間を持ち、自分の境界を守ることが効果的です。

②感情のうるおい不足

肌は、私たちが「感情」や「気分」を表すための重要な器官でもあります。

そのため、乾燥肌になりやす人は、

感情のうるおいが足りていない

ということを表すことがあります。

例えば、「日々の暮らしに退屈を感じている」ことや「忙しくて趣味や娯楽などの時間を後回しにしてしまっている」ことが原因となります。

このように、自分の感情が動く機会が少なくなると、肌も乾燥しやすくなることがあるのです。

感情を潤すためには、好奇心を持ち、自分が楽しいと思えることや、喜びを感じることを惜しまないことが大切です。

③自分に愛を注ぐサイン

肌は、私たちが外部の刺激や攻撃から身を守るための重要な防御線です。

そのため、乾燥肌になりやすいということは、

自分自身の保護が足りない=自己愛の不足

ということを意味することがあります。

例えば、「自分のことを後回しにして犠牲的になってる」、「毎日忙しくて自分をケアする時間を持つことができない」などが原因になります。

このように、自分で自分を守ることができていないと、乾燥肌として現れることがあるのです。

これを機に、自分の身体は、あなたが一生乗り続ける車だということを思い出してください。

メンテナンスやケアの時間をしっかりと持ち、感謝の気持ちで守ってあげましょう。

スポンサーリンク

乾燥肌なあなたへのスピリチュアルなケア

花とキャンドル

最後に、そんなあなたにおすすめのセルフケア・浄化方法をお伝えします。

それはズバリ、

笑い声を出す

です。

これは、「笑い浄化」と呼ばれる、負のエネルギーを解消する方法の1つです。

笑うことで、がん細胞を退治する細胞が活性化したり、免疫力をあげる効果があることはご存知の方も多いでしょう。

実は、スピリチュアル的にも、笑うことは「浄霊浄化」となるのです。

しかし、なかなか笑うことができない場合は、笑いのスイッチが入るアイテムを揃えておくことをお勧めします。

例えば、

  • 笑える動画リスト
  • 笑えるマンガや本
  • 楽しかった思い出の写真

などです。

このようなアイテムをいつでも見れるように用意しておくことで、気軽に「笑い浄化」を取り入れることができますね。

また、自分だけではなく周りも巻き込むことで、一緒にポジティブなエネルギーを満たすことができます。

葉月カオリ

あなたが笑顔になれるものを教えてください。

↓今だけ限定公開中↓

この記事もおすすめ

仕事をやめなさいのサイン6つとは?

引越しのタイミングのサインとは?

恋愛に疲れた時のスピリチュアルな意味とは?

著者情報-Profile-

葉月カオリ(Kaori Hazuki)

20代の頃、インドネシア・バリ島に呼ばれたことがきっかけでスピリチュアルの世界へ。10年以上の独学を経て、スピリチュアルコラムニストとして「スピリチュアル手帖」を開設。日常のあらゆる出来事を読み解き、直感からのメッセージをお伝えします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次