心身の不調やトラブル•••スピリチュアルな意味とは?

    上司に怒られる時のスピリチュアルな意味は?あなたへのメッセージも

    記事内に商品プロモーションを含む場合があります。
    上司に怒られるスピリチュアルな意味
    • URLをコピーしました!
    スポンサーリンク

    「上司に怒られた。つらい。」

    「上司に怒られるって、何か不吉なサイン?」

    このように、不本意にも「上司から怒られる」という経験をした時、それがどんな意味を持つのか気になる時がありますよね。

    実は、「上司に怒られる」時には、スピリチュアル的な意味やあなたへのメッセージが隠されているのです。

    葉月カオリ

    今回は、「上司に怒られる」場合のスピリチュアルな意味やメッセージを詳しく解説していきます。

    スポンサーリンク
    目次

    上司に怒られる時のスピリチュアルな意味やサインとは?

    仕事においては、自分の不注意で怒られてしまう経験をすることは少なくありません。

    一方で、上司の機嫌が悪い時に、理不尽にも怒りを向けられてしまうということもあるでしょう。

    このように「上司に怒られる」には、スピリチュアル的には様々な意味があるとされています。

    では、具体的に3つの意味をみていきましょう。

    ①あなたが成長するとき

    「上司に怒られる」とき、「あなたの自己成長やスキルアップの機会です」というスピリチュアルな意味が考えられます。

    怒られてしまった場合、「悔しい」「どうして」と感じることがあると思います。

    一方で、もし上司があなたに無関心であれば「怒る」「指摘する」という行為すらもしないでしょう。

    「あなたに成長してほしい」「あなたに期待をしている」という想いの裏返しかもしれません。

    上司からの指摘や怒りを素直に受け入れ、それを自己成長へのモチベーションへと変えてみましょう。

    改善すべき点を見つけることができたなら、あなたはますます仕事で活躍できるはずです。

    ②心を鍛えるチャンス

    また、「上司に怒られる」時には、「心の平和を保つトレーニングです」というスピリチュアルな意味も考えられます。

    誰でも、「怒られる」というのは嫌なものですね。

    怒られたことで、1日中、いや数日間は引きずってしまうこともあるでしょう。

    中には、それが原因で、仕事が怖くなってしまうこともあるかもしれません。

    一方で、「怒り」を向けられたことに対して、冷静に対処することができれば、怖さは軽減していくはずです。

    例えば、「ここがダメだったのか」「次からは注意しよう」など。

    「上司に怒られる」という経験は、どれだけ心を平和に保てるかの「心の筋トレ」だと思ってみてください。

    「悲しい」「ムカつく」などの反応は一時的にして、「これからどうするか」という前向きな発想へと変えていきましょう。

    ③自分の価値を信じましょう

    さらに、「上司に怒られる」時には、「今こそ自分の価値を信じましょう」というスピリチュアルな意味も考えられます。

    あなたには大して非がないのに、上司の機嫌に振り回されて、たまたま「怒りを向けられてしまった」ということもあるでしょう。

    あなたが優しくて親切な人だからこそ、「言いやすかった」ということもあるかもしれません。

    しかし、こんな時こそ、「自分の価値を信じるということが大切」というメッセージが秘められています。

    あなたは、自分に与えられた仕事に責任を持ち、一生懸命やっているはずですよね。

    未熟な上司に振り回されず、自分の役割を淡々と行っていきましょう。

    スポンサーリンク

    上司に怒られる経験をした人へのスピリチュアルメッセージ

    スピリチュアルなイメージ

    最後に、そんなあなたへのスピリチュアルメッセージが届いています。

    それは、

    あなたと相手に境界線を引きましょう

    です。

    親しい人でも、親しくない人でも。

    自分と相手の間の「境界線」を見つめ直し、意識してみてください。

    あなたは、相手の期待に答えるために生きているのではありません。

    一方で、相手も、あなたの期待に答える義務はないのです。

    許容範囲を超えることにはノーと言いましょう。

    あなたは優しいので、罪悪感を持ってしまうかもしれません。

    しかし、人間関係においては、「まずは自分ファースト」であることが不可欠です。

    葉月カオリ

    心地よい人間関係を作るためには、ボーダーラインを引きましょうね。

    ↓今だけ限定公開中↓

    著者情報-Profile-

    葉月カオリ(Kaori Hazuki)

    20代の頃、インドネシア・バリ島に呼ばれたことがきっかけでスピリチュアルの世界へ。10年以上の独学を経て、スピリチュアルコラムニストとして「スピリチュアル手帖」を開設。日常のあらゆる出来事を読み解き、直感からのメッセージをお伝えします。

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    この記事がよかったらシェアお願いします
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次